産後うつにならないために|対策方法を知ることが大切

女の人

特徴を知る

相談

大きな変化があれば気づきやすいのですが、産後うつは気づかずに見逃してしまうことがあるので注意が必要です。特に初めての子どもで育児や家事に追われてしまい、自分のことは後回しになってしまうことがあるでしょう。産後うつの症状があっても忙しさのせいにして放置し、重症化することもあるので特徴を把握しておくと良いです。産後うつの特徴には不安感が挙げられます。子育てに不安はつきものですが、子育てだけではなく色々なことに対して異常に不安になってしまうことがあれば産後うつの症状かも知れません。それ以外にも疲れやすい、休んでも疲れがとれない、不眠になってしまうなどが挙げられます。赤ちゃんの生活リズムに合わせて生活をするので、夜中に何度も起こされて寝不足が続くということがあるでしょう。寝不足だと集中力の低下にもなりますし、疲れもとれにくくなってしまいます。ですが、産後うつの症状かも知れないので一度、心療内科や精神科に足を運んで診察を受けてみると良いです。

産後うつの特徴は他にも愛情を感じられなくなることがあり、子どもが泣いているとイライラしてしまい放置してしまうことがあります。泣いている時にどうして泣いているのかわからずイライラするママは多いのですが、ぐっすり眠っている時など何でもない時は愛らしいと感じるものです。ですが、産後うつになってしまうと愛情を持って接することが出来なくなってしまうので今後の家族関係にも響いてしまいます。もしそういった症状があれば早めにカウンセリングを受けるようにしましょう。