産後うつにならないために|対策方法を知ることが大切

産後うつの理解を深める

原因と対策を把握

悩む女の人

妊娠や出産を経て待ちに待った子どもと出会うことが出来ると嬉しさが大きいのですが、育児をしていくと不安やストレスから産後うつになってしまうことがあります。これは女性であれば誰にでも起こり得るものであり、特に初めての子育てになると産後うつになりやすくなってしまいます。誰にでもなる可能性のある産後うつは、ホルモンバランスの変化によるものだと言われています。出産時にホルモンも一緒に流れてしまうというデータがあり、そのせいでホルモンバランスに変化が生じるものです。ホルモンバランスの乱れは頭ではわかっていても感情を上手くコントロールすることが出来ず、イライラしやすくなったり、周囲に八つ当たりしてしまうことがあります。ですから、まずは周囲に知ってもらうことが大切です。

産後うつになってしまった場合、まずは一番近くにいる旦那さんに理解をしてもらうことが大切です。産後うつになりやすい人の特徴としては、何事も完璧にやりたいと思っている真面目な人が挙げられます。完璧にやりたいから周囲に頼らず自分で抱え込んでしまうという人が多く、上手くいかないとそれがストレスになってしまいます。ホルモンバランスの変化や疲れ、ストレスによって産後うつを発症しやすくなってしまうので注意しなければなりません。対策方法としては旦那さんや両親、友達など周囲に頼ることが大切です。完璧でないと子どもを育てることが出来ないというわけではありません。初めての子育てであれば完璧に出来ないことが当たり前ですし、育児に慣れている人でも完璧に子育て出来るという人はいないものです。そのため、無理に頑張るのではなく自分のペースで子育てをしていくことがとても重要になります。

赤ちゃんによってはよく眠る子もいればあまり眠らず、起きている間は泣いているという子もいます。よく眠る子であれば一緒に眠るなどして休養をとることが出来るのですが、起きている時間が長く、尚且つ泣いていることが多いとママによっては産後うつになりやすくなります。赤ちゃんは泣くことも仕事です。母乳やミルクをあげる、オムツを交換しても泣き続けている場合、どうして泣いているのかわからずにイライラしてしまうこともあるでしょう。抱っこしてもらうことが好きな赤ちゃんもいますが、常に抱っこしていることは出来ません。また、どうにかして泣き止んでほしいから腕が痛くても常に抱っこを頑張るママもいるでしょう。赤ちゃんには夕暮れ泣きというものもあり、未だに理由は解明されていないのですが夕方頃になると急に泣き出す子もいるものです。抱っこを頑張りすぎると腱鞘炎になってしまいますし、泣き止んでほしいからと一生懸命頑張っても泣き止んでくれなかった場合、理由がわからずストレスになってしまいます。それが原因で産後うつを発症する人が多いので、もう少し気楽に考えることが大切です。また、色々なママに相談をするのも良いでしょう。子どもによって違うので、この方法で泣き止んだとオススメされても自分の子には合わないこともあります。色々な意見を聞くことでいざという時に参考にすることが出来ますし、話をするだけでも気持ちを楽にさせることが出来るでしょう。周りに子育ての経験者がいない場合、カウンセリングを受けるという方法もあります。カウンセリングは病気を発症してから利用するのではなく、発症する前に利用することで産後うつを防ぐことが可能です。

気づくことが大切

婦人

産後うつを発症した場合、自分自身が気づくことが出来れば良いのですが場合によっては自分では気づかないということがあります。また、無理に明るく過ごしていると周囲も気づきにくいので少しでも疑いがあればカウンセリングを受けるようにしましょう。

特徴を知る

相談

産後うつは人によって気づきにくいもので、症状や特徴を知っていれば早く気づくことが可能です。そのためどういった症状があるのか知っておき、すぐに対策することが重要になります。

相談すると良い

女の人

産後うつの対策には様々な方法がありますが、中でも一番は話をすることが良いといえます。悩みを聞いてもらうだけでも気持ちが晴れますし、またカウンセラーからアドバイスをもらうのも良いでしょう。

治療を受ける

ドクター

万一、産後うつを発症してしまった場合は自分で治すことは難しいものです。軽度であれば自然に良くなることもありますが、放置すると悪化する可能性もあるので治療を受けることが大切です。

把握しておこう

悩むレディー

産後うつになるママはとても多く、自分はならないだろうと思っていてもかかってしまうものです。知らないと重症化してしまう危険性もあるので、3つの対処法を知って予防すると良いでしょう。